ひとり社長の備忘録

小さな会社経営・自由に暮らすひとり社長のブログ

歳を重ねるごとに

先日、地元の仲間達と忘年会をしました。皆、白髪混じりのおじさんに成長しましたが、気持ちと会話のレベルは中学生の頃のままで、お腹を抱えて笑ったのは久しぶりのことです。

仲間がいてくれるおかげで今の自分がある。仲間がいなければ一人ぼっちのただの人。ひとりであれば会話も無ければ笑いも無い。あらためて仲間の大切さを実感したのでした。77歳の母が、「どんどん周りが他界して行く、長生きも淋しいものだよ。」と話す意味も理解できる歳になってきたのです。( ´艸`)

そして本日はサーフィン仲間6人で鴨川合宿です。先日のサーフィンは朝の外気が2℃、かなり寒かったので今年もそろそろ引退です。

全てが今しかできないことであり、やるべきこと。いつ誰かが欠けるかもしれないし、私が死ぬかもしれない。考えすぎかもしれませんが、実はそれが現実です。( ´∀` )

仕事も私生活も思いっきり生きること。やりたいことは全てやろう。所詮、与えられた人生、初めから寿命は決まっているのだから。そう思うと気が楽になります。

家族、仲間、その人たちがいるお陰で今の自分の立ち位置や存在があります。幸せな日々に感謝し、恩返しをして行く。そんなことは若い頃には気づくはずもありません。

歳を重ねることでしか理解できない何かがあり、それに気づいて「はっ!」とするのです。( ´艸`)

本日は波が大きいようです。ファンウェーブとはいきませんが大いに仲間達と笑って過ごそうと思います。

※「ひとり社長の備忘録」毎日更新中! ★いつも当ブログへお越しくださり有難うございます★